楽しい温泉巡り

温泉に無料で入る方法

温泉が好きな方は年々増加しています。
海外からの旅行者はほぼ足を運ぶスポットです。
お湯に浸かってぼーっとすると、心も体もリフレッシュでき、癒されます。
病気やちょっとした不調を改善してくれるので、毎日入りたいと思う方は多いのではないでしょうか。
ですが、入浴料金がだいたい800円~2000円と結構します。
そこで、どうにかお金をかけずに癒されたいと思い、無料で温泉に入る方法を発見しました。
ずばり、旅館やホテル等レジャー施設への就職です。
大抵の施設は従業員を無料で入れてくれます。
(ほとんどの施設が無料ですが、もしものことを考えて、就業の際は問い合わせてみましょう。
)仕事という形で他の人の癒しにも貢献しながら、自分自身も無料で癒されることができて、最高です。
また、正社員で働くのはちょっとと思う方や、本業が別にある方や学生さんは、リゾートバイトという手もあります。
リゾートバイトとは、リゾート施設の住込みのアルバイトです。
週末やゴールデンウィークのみの案件もあり、ネットと電話のみの面接で採用してくれる場合がほとんどなので、かなり気軽に就業することができます。
息抜きもでき、お金も稼げて、一石二鳥です。
温泉施設での仕事、お勧めです。

基本を知って、楽しい温泉巡りを

古くから日本人に愛され続けてきた温泉は、日本全国至る所で多くの愛好家や観光客を楽しませています。
最近では外国人の人気も上がってきています。
そんな人気の温泉ですが種類によって効能はそれぞれで異なっています。
その目安となるのが、PH(ペーハー)値です。
PH値とは、水素イオンの濃度を表す値のことで、その数値によって酸性やアルカリ性などに分類されています。
基本的には5段階に分けられていて、PH.3未満を酸性、PH.3~6を弱酸性、PH.6~7.5を中性、PH7.5~8.5を弱アルカリ性、そしてPH8.5以上をアルカリ性としています。
さらに7段階に分けたものでは、PH.2未満を強酸性、PH.10以上を強アルカリ性としています。
酸性には殺菌効果があるため、アレルギーや水虫などの皮膚病に効くと言われていますが、刺激が強い特徴を持つため、肌の弱い人には適しません。
それに対して、アルカリ性にはたんぱく質を溶かす性質があるため、皮脂を溶かし、石鹸のような効果を出すことで、肌がツルツルになり美容に良いといわれています。
ただし、アルカリ成分が強すぎると、皮脂が溶けすぎてカサカサ肌になってしまうこともありますので、注意が必要です。
また、中性の温泉は強い刺激もなく、肌に優しい泉質となっていてどなたにでも入りやすいお湯となっています。
それぞれの効能を知り、自分の体に合ったお湯を楽しむとよいのではないでしょうか。


おすすめWEBサイト 5選




札幌のモデルハウスをご案内します


札幌のモデルハウスの事例です


Last update:2020/6/19

$q." -rt","count" => 3,); echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>